« ハゼランと… | トップページ | 足の長いクモ by むし倶楽部 »

2013年8月25日 (日)

タカサゴユリの不思議

いつの間にか、あちこちに咲き誇るようになった、タカサゴユリ。

ユリは普通球根で増えるのだけれど、このユリは実がはじけ飛んで、道路のちょっとした隙間にもたくましく生えてくるユリで、近くの公園にも、去年まではずらっとタカサゴユリが咲いていたのだけれど、今年はちょっと様子が違った。

いつもは、公園に一番先に咲くのに、ちっともお目見えしない。

7月末に空き地でタカサゴユリが咲いているのを見かけたが、

Photo_2

いつもは花の付け根(?)の部分が筋が入っているのだけれど、ほとんど白に近い。

Photo_3

Photo_4

毎年すらっと一列に花がならんでしていたけれど、今年は8月10過ぎに、咲き始めたけれど、株が3株ほどと、うんと少なくなってしまった。

Photo

こちらも、軸が白い。

Photo_5

006

なんでも、最近急速にあちこちに広がっているけれど、不思議な事に5年ぐらい経つと、ぱたっとそこには姿を現さなくなるのだそうだ。

ちょっと不思議。

去年と一昨年の写真は続きで→

一昨年の同じ場所で

2011年8月11日

Photo_6

この時はまだ、コンデジだったので、ちょっと色がおかしいですが。

007

8152

815

こんなに筋がくっきりしているものもあったのだけれど、今年はこんなにはっきり筋の入ったものは見つけられないまま、花は終わってしまったよ。

« ハゼランと… | トップページ | 足の長いクモ by むし倶楽部 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
隣の茶畑にも高砂百合が沢山生えています。
地主さんが抜き取らないようで、年々株数が増えています。

不思議なのは、山百合の球根はイノシシに食べられてしまうのに、高砂百合は掘られても球根が残っていました。
美味しくないのかな?

fujiやまぶどうさんへ
こんばんわ。昨日は朝霧高原に遊びに行きましたよ。やまぶどうさんや、NOZOさんの観察フィールドだなと、雑木林も覗いてみました。
タカサゴユリも外来種なので、本当は繁殖するのは望ましくないのでしょうけれど、綺麗なので、抜かない方が多いようですね。他のユリと違って、あまり中身が詰まっていなくて美味しくないのかもしれないですね。とにかくあの種の多さを見ると、繁殖もするだろうなって思います。あの、枯れた実も、好きですけどね。でも、ホントに5年でぱたっと姿が少なくなって、びっくりしました。
軸のところが白いタカサゴユリは、シンタカサゴユリと呼ばれたりもするようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946894/53033519

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリの不思議:

« ハゼランと… | トップページ | 足の長いクモ by むし倶楽部 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブックマーク