« 五百羅漢 赤が利いている | トップページ | しがみつく しっかりと »

2013年12月11日 (水)

五百羅漢 それぞれに

静岡市清水区にある清見寺の五百羅漢さん。

前記事の写真はまだ、半分にも満たないものです。

その反対側には、

Photo_4

五百羅漢が両側に並ぶ段々を登ると、お地蔵さんの様な羅漢さん

Photo_5

五百羅漢は 仏陀が亡くなった後、500人の弟子がその教えを仏典に残すために苦悩している様子を表しているそうで、一つとして同じものはなく、必ず自分に似た像があると言われていますが、残念ながら、そのような像にはお目に掛かっていません。

苦悩と言えば、こんなふうに

Photo_6

首が後ろに思い切りのけぞっている羅漢さんも沢山いらっしゃいます。

苦悩の様子?

でも、そのお顔は

Photo_7

天を仰ぎみているのでしょうか、仏陀の姿を見据えているのでしょうか。

後生車といわれる、犯してしまった罪悪を懺悔しながら回して後生が善処となるように祈りながら回す後生車。

昔私が子供のころは、勢いよく回ったような気がするのですが、うまく回りません。

101

悔いることのない人生ならいいのですが…。

« 五百羅漢 赤が利いている | トップページ | しがみつく しっかりと »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

五百羅漢さま、おなつかしゅうございます♪

 appleawaさんへ
でしょ?私も久しぶりに見て、リフレッシュしました。これがあるから、今がある。が!後生車を回せなかったのが、悪かったのかなあ。この2日後だすよ。Gオさんの事は(;´д`)トホホ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946894/54221122

この記事へのトラックバック一覧です: 五百羅漢 それぞれに:

« 五百羅漢 赤が利いている | トップページ | しがみつく しっかりと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブックマーク