« イチゴの葉 | トップページ | この陰はいったい… by むし倶楽部 »

2014年1月24日 (金)

花梨の葉

掛かり付け医の前庭にある、花梨の木。

時期には綺麗なピンクの花が咲きます。

まだまだ花には早いけれど、ちょっと覗いてみました。

Photo

クリックして大きくしてみてくださいね。葉のぎざぎざにご注目。

Photo_2

葉が落ちなくて、紅葉しているのか、それとも、新たに出てきた葉なのか?

Photo_3

こんな、赤ちゃんの葉もありました。

Photo_4

こいつぁあ、budchickchickchickchickだろうなあ。

« イチゴの葉 | トップページ | この陰はいったい… by むし倶楽部 »

」カテゴリの記事

コメント

すっかりご無沙汰してしまいました。
先ほどバックナンバーを拝見してまいりました。
近頃は歳のせいか(?)、注意力が散漫になって、散歩に出ても被写体が見つからないのですが、貴ブログを拝見すると、この季節にもいい被写体があるものだなあと感じた次第です。花梨の葉もおもしろいですが、木漏れ日に透けて見える金木犀の葉はきれいですね。オタフクナンテンは初耳でした。普通の南天とは違う種類なのですか。新年の私のブログは目出たいキチジョウソウとオモトにしましたが、オタフクナンテンもお目出度い名ですね。
イラガの繭もおもしろく拝読しました。外来種のヒロヘリアオイラガの繭ですね。数年前まで、冬に散歩すると在来種のイラガの繭が木の枝によくついていたのですが、近頃はほとんど見られなくなりました。おそらく、外来種との競争に負けて数を減らしてしまったのでしょう。以前私のブログに在来種の繭の写真を載せたことがあります。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/170/15/N000/000/001/123219376183216114290_iraga-mayu.jpg
散歩しながら探しているのですが、今冬はまだ見つかりません。

cloverエフ・エヌさんへ
こちらこそ、ご無沙汰しました。
オタフクナンテンは南天の別品種のようです。それこそ、この南天、実もならないし、葉もなんだかプックリしているしと思いながら、何年か前に紅葉の様子をブログにアップしたところ、オタフクナンテンですよと教えていただきました。何年たっても背は40センチほどで、樹形もこんもりまるく、赤い葉がいつまでもつやつやしています。霜にあたるとプックリ紅くなるのだそうで、確かに下の方の葉は緑のままです。不思議なのはプックリ膨らむところで、いわゆる霜膨れのようすが、お多福のようで、しかも難を転じると、目出たいものとされているそうです。
イラガの繭、面白い模様ですね。なかなかおしゃれなデザインです。ヒロヘリアオイラガは、そう言えばよく見かけます(繭がこれだけあるなら当然ではありますが)うっかりさわらないように気をつけなければですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946894/54728739

この記事へのトラックバック一覧です: 花梨の葉:

« イチゴの葉 | トップページ | この陰はいったい… by むし倶楽部 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブックマーク