« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

フェイジョアの花

フェイジョアの花。

南国系らしい、蕊の色。

なんでもこの真ん中のとんがった雌蕊がファッションフルーツになるそうなんだけれど、毎年、花は見るけど、生っているのは気がつかないんだなあ。

Photo

Photo_2

Photo_3
後ろにあるのが蕾。まん丸の蕾がくるっとめくれて中から蕊が飛び出すように咲いている。

Photo_4今年こそ、この樹を、ずっと観察するぞお。

と、毎年見てるんだけど…、実は見たことがないのさ…(;一_一)

2014年6月28日 (土)

残念ながらのネジバナ(;一_一)by 8na8na-club

湿気の多い我が家の庭で、唯一繁殖しているのが、ネジバナだった。

毎年、芝生(隙間にコケがはびこってるが(^_^;))に、ピンクのかわいい花が咲き…。

毎年、これを撮るのが楽しみだったのに…。

6月7日、ネジバナが咲き始め、第1回目、撮影

Photo
いろんなねじれ方、花も様々で、毎年楽しみ。

ちょいと、芝生に繁殖し過ぎって感はあるけれど…。

いい具合に満開になってきたけれど、日中は日があたって、暑いので、建物の陰になる4時過ぎに写そうと、満を持しておったんであります。

が、玄関前の植え込みを、先に手入れするかと、外出から帰って、家に上がらずそのまま、やっておったんでありますよ。

一仕事終わり、さて、夕飯の買い物に行く前にネジバナの写真をば!

と、

庭を見て仰天!

ネジバナ、すべて刈られておりましたモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

いやさ、外出はオットとしたんであります。

まさか、ちょいっと目を放したそのすきにアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

いやさ、朝聞かれるには聞かれたのよ。

草刈ってもいいかと。

もち、その前に写真は撮るつもり。そして、まさか、今刈ったんかい!

と言う訳で、また、ご丁寧にすべて刈ってくれまして…

まあ、根こそぎにしてないので、来年は芽を出すとは思いますが…。

結構ショックの大きい私めでございます。

まあ、オットは、私が玄関先の植え込みを手入れしてくれているから、俺が庭の草を刈ってやろうとの善意であることはわかってはおるんですが、ショックの方が大きくて、思わず叫んだわたくしでございます。

てなわけで、遅れた上に、8na8na-club  の趣旨に合うかどうかびみょ~~ではございますが、ピンボケではありますが、しかたございません。

あと、一枚しか写真がないので、

Photo_2
在りし日のネジバナでごぜえますだ。チ~~ン

はよう、写しておけばよかった…

※8の付く日はwebにお花をの 8na8na-clubの日です。

8na8na-clubの詳しくは awaさんのブログ→ こちら をご覧くださいね。

2014年6月26日 (木)

密かに…by むし倶楽部

Photo_3

  snail 6の付く日は むし倶楽部の日です。snail

小さな花を写している時に、密かにいたむしたちを。

Photo

ランタナの蕾に潜む

Photo_2
ありんこ。何匹潜ってたんだろうね?

ヤブガラシの花のところに、サササ…と動く影

Photo_4
そして、ハゼランの後ろには

Photo_5

Photo_6
みのむしで~~す。

※6の付く日はむし倶楽部の日です。

むし倶楽部の詳しくは、部長NOZOさんのブログ ★進め‼野外探検隊★ をご覧くださいね。

2014年6月23日 (月)

小さな花が続きます。ハゼランの花。

いつの間にか、ハゼランのピンクの花が咲いていた。

気がつけば、もう、実になっているじゃあないの。

いつの間に?

Photo
お昼すぎ、3時ごろ咲くから3時草の名もある、小さなピンクの花。

夕方には閉じてしまうから、会える時間が限られているんだな~~。

Photo_2
撮影は、相変わらずちょっと前の6月14日夕方。

ちなみに、2012年10月撮影の同じ場所のハゼランは→ こちら

2014年6月21日 (土)

南天の花

近所に出来た新築のお宅。

今時珍しい、南天の生け垣。

南天だけの生け垣なんて、見たこと無かったけど、やはり、難を転じるで、植えたのかな?

Photo

白い小さな花だけれど、なかなかいい味の花でしょ?

Photo_2
最近、やっと、マクロレンズにも慣れてきたよ。

2014年6月20日 (金)

ヤブガラシの花 蕊付きだよ(*^^)v

あっという間に、蔓を伸ばし放題伸ばし、樹に絡みついて枯らしてしまう事から「ヤブガラシ」の名のある、ヤブガラシ。

ちょっと芽が出てきたと思ったら、あっという間に蔓は伸び、そして、花が咲いた。

花房の中の小さな小さなろうそくの様な形のヤブガラシの花。

咲いてすぐに花弁と蕊は落ちて、ろうそくのようになるのだけれど、この日は、午前中には日があたったけれど、午後になって、涼しくなって、夕方に見た時にも蕊も花弁もまだ残っていた。(*^^)v

Photo_3

2014年6月18日 (水)

見つけもの(*^^)vサボテンの花 8na8na-club

8の付く日は webに お花をの tuliptulip8na8na-clubtuliptulip の日です。

あちこちに転がっていた、花の苗ポットに、いろんな花が咲きだした。

花は水を掛けたり、声を掛けたり、気に掛けると、生き生き大きくなるとの事で、

「声かけトマト」なるものもでてきたそうだ。

声を掛けて育てると、声を掛けなかったものに比べて大きく甘くなるという。

まあ、半信半疑ところか、2信8疑?3信7疑?ぐらいだったけど、

半分干乾びていたサボテン

Photo_3

そこから、こんな綺麗な花が咲いたんだよ。

Photo_4
丁度ポットの中に花が少なくなってきたから、後ろから顔だし。

Photo_5
サボテンから、こんな、綺麗な花が咲くとは、\(◎o◎)/!

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

Photo_6

だって、

このシャボテン

こんななんだよお~~(*^^)v

003_2

004

008
サボテンさん、よく頑張りました~~。


※webに 8na8na-club  の詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

2014年6月17日 (火)

思いがけず咲いた花 

3年前だったか、自分が欲しくて母の日にBこさんに送った紫陽花の花。

とっても綺麗で、買ったばかりのデジ1の練習に丁度いい被写体だった。

それを花が終わったあと、庭におろし、毎年綺麗に花が…咲く…はずだったが…。

残念ながら元の飾り花の沢山な紫陽花の花とは程遠い花の姿。

昨年末から、勝手に庭いじりをし、花がつかなかったツツジに花が咲いたり、何の花かわからない苗床からいろんな花が花を咲かせてくれた。

まだまだ、小さな花しか、しかも、ぐぐっと茎が曲がってしまっているけれど、

Photo

小さな花瓶なら、丁度いい。

Photo_2
茎の曲がりを利用して、前向きに。

花が小さいのと、ぐぐっと曲がった茎が、少し高いところに置いた花瓶から、皆を見ている。

2014年6月16日 (月)

羽を乾かしているの?by むし倶楽部

6月8日の夕方。

もう6時を回るころ。

ん?

あれは?

蝶々ではありませんかあ?

68

蝶々って夕方羽化するの?

681
それとも、夕方やすんでいるんでしょうか。

しばらく見ていましたが、そのまま、動かずにいました。

何度か、6時ごろに羽を乾かしているように見える蝶々を見かけるんだけど。

そして、こちらも、同じくじっとして動かないむしが。

Photo
あまりに美味しくて食べすぎただあ~。ゲップ❣

そして、この後はクモが大丈夫な人だけね。

続きを読む "羽を乾かしているの?by むし倶楽部" »

2014年6月15日 (日)

おじいちゃんちの睡蓮

母方の実家で、伯父さんの1周忌があり、その時に庭で写した睡蓮です。

なにしろ、ものすごい、田舎。

そして、凝った庭をおじいちゃんが作ったのですが、そのあとついだ伯父さんも亡くなってしまったので、立派な庭も、この後どうなるのかなですが。

大きな花の陰に咲いていました。

その、咲き方が、無口で大人しい、控えめな伯父さんそっくりです。

Photo
上の葉が三日月のようになっているのは、この、上の葉の影です。

Photo_2
もっと、寄りたかったですが、何せ、池の中。しかも喪服をきて、中には歩行困難な実家母が舞っているゆえ、トンボも蝶も飛び交っているものの、写す間もなく、とりあえず睡蓮だけ。

庭を大事にしていた、おじいちゃんと、伯父さんをしのんで…

2014年6月14日 (土)

浜名湖花博 ⑮ 番外編

いよいよ、花博としてはクライマックスに入った、浜名湖花博

今日の静岡新聞を見ると、紫陽花も綺麗に咲いているようです。たぶん菖蒲もきれいなんじゃないでしょうか?

さて、花博は、実際言っていただくとして、私が行った時の様子を、長々、たらたら お伝えしてきましたが、今回は特別展示用のものではなくて、みっけちゃった♪ってものをお送りしますね。

Photo_4

海側(正確に言うと湖側)の遊歩道に入ろうとしたら、そちらは、通行禁止になっていて、戻ってくる時に、花壇の裏側が見えました。

カラフルな松ぼっくり、集めたのか、花壇を作るのに後ろに寄せたのかわかりませんが、なかなかいい感じですよねえ。

いろんな色の松ぼっくりがあるんだな~って、楽しくなりました。

※写真はクリックで拡大できます。

Photo_5
何イチゴかな?花畑に交じって咲いていました。

栴檀の花

Photo_8
それほど目立つ樹ではありませんが、秋になると実がなります。

「せんだん」の樹

続きを読む "浜名湖花博 ⑮ 番外編" »

2014年6月13日 (金)

浜名湖花博 ⑭ 名前のわからない花編

浜名湖花博では、どちらの会場でも、ちょっと変わった、見たことのない植物も沢山ありました。

名前はわからないのですがってものを、ラインナップ

Photo_17
フラワーパークの入口近くに咲いていた、花穂の長いもの。穂先は2mはあるんじゃないかな?

Photo_18
トウダイグサ科の植物?紫陽花の仲間?

Photo_19

くっきり❤型、というかウサギの耳型というか、小さな❤もかわゆらしい。

花後は

Photo_21

撫子の仲間?

こちらは、マメ科だよねえ。

Photo_22

こちらは?

Photo_23

Photo_24

セリ科の植物?つうか、高すぎで見えない!っす。

次は、番外編です。

浜名湖花博 ⑬ アリウム・ギガンチューム その2

浜名湖花博の2会場で、どちらもまん丸のギガンチュームの花が咲いていました。

前回はフラワーパークの方のギガンチューム、今回はガーデンパークのギガンチュームをアップしますね。

Photo_10
天高く ギガンチューム伸びる 蕾かな

とこまで高くなっちゃうんだあののっぽさです。

Photo_11

ネギ坊主、の、綺麗なのって言ったらいいでしょうか。

咲いているのは上のリンク先を見て下さいね。

このギガンチュームをでで~~んと大きくして寸詰まりにしたような花。

Photo_12な、なんだべ?

花が終わると、

Photo_15
な、なんともおもしろいでしょ?

まだまだ、変わった花、綺麗な花、たくさんありましたよ。

ううん?

また、画像が入らない…。

時を改めて(*^^)v

浜名湖花博 ⑫ クレマチス その2

浜名湖花博の会場の一つ ガーデンパークのクレマチス。

ちょっと奥まったところで、バラほど目立ちませんが、是非傍でご覧になって下さいね。

Photo_4

真ん中が豪華で勲章の様ですよね。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

花の終わり?

Photo_8

Photo_9

白い花弁は落ちてしまっても、まるで菊のように華やかですよねえ。

次は、まだまだ沢山咲いていた、名前も不明なものも含めてご紹介します~~~。

2014年6月12日 (木)

浜名湖花博⑪ クレマチスその1

花博はそろそろ、終盤ですけど、花は次々咲いていると思いますよ。

私が行った時は、バラとギガンチューム、ジキタリスなどが沢山咲いていましたが、薔薇の後ろでちょっと控えめにクレマチスも綺麗でした。

まずは、スタンダードな紫のクレマチス。

Photo
少し、花弁に筋の入ったものも。

Photo_7

Photo_6
びっくりしたのは4枚の花弁のものがあったこと。

Photo_8

Photo_10

またまた、画像が思うように入らない…(;一_一)

ストレスじゃ…

Photo_11

Photo
逆光でなかなかうまく写りませんが

Photo_2

4枚の花弁のクレマチス、色も色々でした。

こちらは6枚のクレマチスの赤

Photo_3

次は勲章の様なクレマチスですよ。クレマチスその2へ続く~~(*^^)v

 

Photo_9

Photo_5

Photo_4

Photo_3

2014年6月11日 (水)

浜名湖花博⑩庭園他

早くしないと花博は終わってしまいますが、ガーデンパークもフラワーパークも花博終了直後はお勧めですよ~~。

ガーデンパークの展示物というか、庭園を、いくつか

Photo
瓦を使ってモノトーンの庭。

こんな楽しい、モザイカルチャーのお庭もいいですね。

Photo_2

是非クリックして楽しい動物たちの表情をご覧くださいね。

Photo_3

左手前には浜松のピアノも2台。

浜松と言えば、ゆるきゃらで、「2位」になり、髷を落としたはずの「家康君」

Photo_4

一応ウナギの髷、まだついていますね。

着物がピアノの鍵盤になっているところは、苦労したんじゃないでしょうかあ。

これらの展示物は15日過ぎには、無くなってしまうのかな?

でも、まだまだ花は一杯ですからね。

クレマチスも綺麗でした。

そちらは、またね。

2014年6月10日 (火)

浜名湖花博⑨ ガーデンパーク 庭

浜名湖花博のガーデンパークの方の、様子です。

Photo
水路の上にも展示物

Photo_2
赤と黄色2色の絵の具が混ざりあって、オレンジ色に、

Photo_3

このような植え込みなら、自宅の庭作りにも参考になりますね。

※写真はすべてクリックで拡大できます。画面に入りきらない時はスクロールしてご覧ください。戻る時は画面の右上の×をクリックしてくださいね。

2014年6月 8日 (日)

金柑の花 8na8na-club

  tulip8の付く日は 8na8na-clubの日です。tulip

Photo
金柑の花です。

ミカンの花よりも、少し小ぶりですけど、香りは負けてません。

Photo_2

葉も少しミカンよりも小さめで、柔らかな感じがします。

金柑の実はよくごぞんじと思いますけど、こちらは何の実だと思います?

え?今日は8na8anじゃないかって?

もと8na8naってことで。

Photo_3

Photo_4答えは

え?知ってる?

春一番に咲く花だよ。

蝋梅の花の実です。

※8na8na-clubの詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

すみません。遅刻です。

ココログがおかしいのか、我がPCついに年貢の納め時か?

うまく写真が入れられなくて、記事がなかなかアップできません。

なんでだろう?

Photo_7

Photo_6

浜名湖花博⑧ ガーデンパーク見どころその2 花の美術館

浜名湖花博の会場の一つガーデンパークの見どころは、なんと言ってもモネの家と庭を模した 「花の美術館」

ちょうど、薔薇が見ごろで、家の前や中庭は大賑わい。

Photo

何度かガーデンパークを訪れてはいるけれど、薔薇の時期は初めて。

Photo_2

なんといっても、薔薇のアーチが人気ですが、人の数の方が多いかも(^_^;)

Photo_5

人が写らず、となると、アーチになりませんが…。

Photo_8

また、なぜか画像が入らない…。

日を改めて。m(__)m

少しだけ花の美術館をお届けしました。

2014年6月 7日 (土)

浜名湖花博⑧ ガーデンパーク見どころ編その1

浜名湖花博は、やはりガーデンパークの方が、見所が沢山あるかな。

お勧めは

Photo

地上13階建てに相当する展望台。

普通に地上から見ると、

Photo_2

Photo_4
ここ、花の植え込みで絵になっているんですけど、地上からではちょっとわかりませんね。

でも、ちょっと並ぶけど、有料だけど、塔の上に登ってみてもらうとよくわかります。

ぐるりしますよお~~

Photo_5

Photo_8

Photo_7

Photo_9
地上からは見えなかった絵がよく見えますよ。

そして、

Photo_10

Photo_11

浜名大橋の上に、ガーデンパークに向かう車の列が見えます~~。

※写真はすべてクリックで拡大できます。右上の×印をクリックして元の画面に戻ってくださいね。拡大画面が大きくなるので、右上にスクロールしていただくと、×印が現れます。

ここは海ではありませんよ。浜名湖です。浜名湖って広いなってよくわかりますね。

展望台は見た目、無愛想ですけど、なかなかなものです。

晴れていれば富士山もよく見えるそうですよ。

Photo_6

2014年6月 6日 (金)

マイリトルガーデン② ガザニア(クンショウギク)と小人達

亡きじいの、ある意味忘れ形見(ほっぽり出されたとも言う)を拾ってきて、これまたほっぽり出されて枯れ葉ばかりだったプランターに、植えました。

これなんだろう、何かハーブだろうかと育てたら、

Photo_4

ラベンダーだった\(◎o◎)/!

後ろの丸いプランターのちょこまか植わっているうちの半分は、拾い集めたもの。

ラベンダーとミニバラの隙間に100円で買ってきたガザニアが次々花が咲いて綺麗。

Photo_5
中には模様がハートのように見えるものも、

Photo_6
隙間にこんな小人も100均で買ってきて(3個買ったよ(*^^)v)

Photo_7
結構 凝ってる(*^^)v

調子に乗って、これまたほっぽらかされていた小人のプランターを綺麗にして、またまた100円のガザニアを3株植えてみた。

Photo_8
他にも、何年も空のプランターが2つ。ここには、朝顔と夕顔他植えてみたよ(これは、種を買ってきたから二袋で300円ぐらいかな)。今、芽を出してます。

うまく育ったらまた、アップしま~~~す。(もっとも、双葉が虫食いになってますがあ(-"-))

ところで、花博の写真、まだまだあります。

早くしないと終わっちまうなあ。

ガーデンパークの方は特にお勧めです。そちらは、また。

毛虫?それとも、まさかの なめくじ? by むし倶楽部

  snail  6の付く日は むし倶楽部 の 日 です snail

じいが亡くなってから、勝手に(?)庭いじりをしておりますが、かつてはピンクの花が春先に沢山咲いていた、ツツジの木。何かのムシに葉を何度も食われてしまって、茎も細く枯れているものがいっぱいになってしまいました。

それを、枯れ枝を落とし、茶色くなった葉を落としていたら、

触角は カタツムリsnailか、なめくじのような。

背中には白いコブのような毛束、よこにヒレのように黒い毛束

しかも、目(?)が赤い

毛虫か?

毛の生えたなめくしかあ?

画像は続きで…。

※ 毛虫系が苦手な人は、ご遠慮くださいよお~~。

ヒメシロモンドクガっていうものらしいです。

つまり、毛虫ですなあ…。

ドクガといいながら 毒がないとかあるとか?この、毛はささる事があるので、手袋が必要だそうで。

すくなくとも葉を食べつくしてしまう事は間違いないようですわ(-"-)

続きを読む "毛虫?それとも、まさかの なめくじ? by むし倶楽部" »

2014年6月 5日 (木)

山法師の花

散歩の時に見つけた山法師の花。

Photo_7

日があたって一杯咲いた花がまぶしい。こんなに花が(正確には花弁のように見える白いのは萼だそうだけど)沢山、しかも、上に向かって咲いているのを見るのは初めてだし、木の形が、文字通り「山△型」だったので、思わず写真に撮った。

こちらは、公園に咲いていた山法師の花

Photo_8
上の写真2枚は5月17日撮影。

この時は花弁に見える萼が開いていて、それから1週間

真ん中の花が開いて、蕊が見えた。

Photo_9
もう、萼は茶色になりかけている。

浜名湖花博⑦ アリウム・ギガンチュームその1

花博で、一番目についたのは、ネギ坊主を大きく綺麗にしたような花。

アリウム・ギガンチュームと言う花

1

2


2_2

この、お花 蕾も花後も、なかなか面白いです。そちらは、ギガンチュームその2で

2014年6月 4日 (水)

浜名湖花博 ⑥ 青い花

浜名湖花博でも、目玉の一つが、青い花。

Photo_5
青い胡蝶蘭が売りですが、これは、胡蝶蘭ではありません。でも、とっても大きな花で、びっくりしました。

Photo_6

青い ヒマラヤケシ。実は先日行った実家母の生家近くには、このヒマラヤケシが見れるところがあって、時期には、ものすごい田舎ですが、渋滞が起きるそうです。

ヒマラヤの景色の写真パネルの前に飾られていたのですが、パネルの前に変に明るく照らされて、まるで作りもののように見えてしまいます。

思ったよりも、花弁が開いていて4枚花弁の真ん中の蕊がくっきり見えるのも、作りもののように感じでしまう一因かもしれません。

さすがにこの前にはカメラの列が。

青いバラもあったはずですが、見落としてしまいました。

でも、私個人では、バラは赤かピンク、もしくは白か、黄色ぐらいで、青の色をわざわざつくらなくてもなんて、思ってしまうので、必死に探さなかったんですねえ。

2014年6月 3日 (火)

浜名湖花博⑤  スイカズラ

浜名湖花博の会場の一つ、フラワーパーク。

まだ、開発途中のところも。

たぶん、これは、将来は、蔓バラのアーチのようにするつもりの、まだ、植えたばかりの植物の赤い花が目についた。

よく見ると、スイカズラ?

Photo

Photo_2
蕾の方が色が濃くて、咲くと薄くなるのかなあ。

Photo_3

Photo_4

白いというか、金銀花とも呼ばれる、普通のスイカズラは、蔓の一節に2葉の葉がつき、その葉の根元に一輪ずつ2つの花が並んで付いているが、これは長い茎の先にリンク状に花がついている。

これって、以前、同じく浜松のフルーツパークで見て(記事は→こちら=記事の真ん中よりも下の方にこの花に似たものが。)、びっくりした事があったけど、あれと同じかなあ。けれども、あれは、木のようになっていて、蔓ではなかったし、花房の下に大きな葉がぐるりとあったが、こちらは花の下には葉はなくて、すっきりしている。色も少し落ち着いているかな。

ロニセラ・ヘクロッティと言う名前のスイカズラらしい。

  フェンスに絡ませて楽しむ園芸種らしい。らしいが、図鑑には載っていないので、なんとも言えないけれど。

2014年6月 2日 (月)

浜名湖花博④ ガーベラ

浜名湖花博の2日以上のうちの、始めに行ったフラワーパークの温室内に展示されていたのが、静岡県で盛んなガーベラの栽培(出荷量が日本一)。沢山の種類のガーベラがあるそうで、

Photo_9

Photo_10

人が沢山でうまく写せなかったのですが、1本ずつ透明な試験管の様な入れ物に刺して展示してあります。クリックで写真は大きくなりますから、パネルの下の方をよく見ていただくとお分かりかと思います。

まだまだ続きます。

2014年6月 1日 (日)

我が家のミニバラ

浜名湖花博の華やかな花の途中ではありますが、我が家のミニバラも、一応咲いたので、ちょっとご報告。(と言っても、もう、散ってしまいましたが。)

昨年11月に亡くなったオット父の忘れ形見というか、ほったらかしになっていたミニバラ。昨秋から、枯れていた枝を落とし、腐っていた幹を思い切って、根元まで切り落とし、プランターに入れっぱなしのを一回引っ張り出して、植え直しました。

と、5月中旬、次々に花を咲かせてくれました。(片端から、アブラムシがたかっちまいましたが)

Photo

すみません、親ばかで、何枚も写真があります。

Photo_2

Photo_3
こう見えて、なかなか巻きが大きくなり、

Photo_4

Photo_5

アップで見ると、大輪の薔薇のように見えますが、ミニバラです。

でも、これって、以前はピンクだったような…→2011年10月の記事(写真はクリックで大きくなります。戻る時はバナーの戻るキーで)

もっとも、もともとは深紅のバラだったような気も…。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブックマーク