« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

朝顔 水色斑入りその⑦

ちょっと不思議な模様の入る我が家初めての朝顔、水色編その後でございます。

花はさすがに少なくなったものの、毎日まだ、咲いています。

9月に入ってからの水色朝顔です。

Photo_3
9月13日、左右対称的な模様の入った朝顔が咲きました。

Photo_2

ちょっと不思議ですよね。

なので、いろんな角度から写してみました。

Photo_4

真裏からも

Photo_5

うらも、ちゃんと模様がありました。

この日はちょっと破れかけの傘の様な

Photo_6

すみません、まだ、9月も中旬を漂っておりますが、でも、朝顔はまだ咲いていますから、まだまだ続くよ~~~happy02

2014年9月28日 (日)

白いヒガンバナ 8na8na-club

    tulip  8の付く日は webのお花をの 8na8na-club の 日  tulip

もうお彼岸も明けて、ちょっと時期外れになってしまいましたが、ま、いつもいつも遅れ遅れの記事ですから、大目に見て下さいね。

赤いヒガンバナもたくさん撮ったんですけど、まだ、整理できてなくて。m(__)m

日付順にラインナップ

①9月16日夕方

Photo

②9月18日 雨がやんで

Photo_2

Photo_3

③  9月21日①と同じ場所。花が増えました。 

Photo_4


④ 9月23日実家のお寺にて

Photo_5

Photo_6

※8の付く日はwebにお花をの 8na8na-clubの日です。

詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

2014年9月26日 (金)

どでかい いもむし byむし倶楽部

snail 6の付く日はむし倶楽部の日 本日第2弾 chick

キバナコスモスに

Photo_7
ちょっとうらぶれたツマグロヒョウモンチョウの♂

Photo_8
くしくもむし倶楽部活動日の9月16日、雨の合間に射した陽の中で、最後の命を燃やし必死で蜜を吸います。

そして、その日の夕方。

びっくりな、いもむしに出会います。

この後は、芋虫毛虫系OKの人だけね。

続きを読む "どでかい いもむし byむし倶楽部" »

ニラの花に byむし倶楽部

9月中旬、ニラの花が満開に。

Photo

天気が不順で、雨の合間のてらてら日が照る時、一斉に花をもとめた蝶々が一杯。

生きるって大変なのよと、わき目もふらず。

ただでさえ、忙しく動き回るセセリ蝶、入れ食い状態なのにカメラに収まってくれない。

Photo_5

Photo_2
ツマグロヒョウモンチョウのオスかな?

Photo_3

オスもメスも、セセリ蝶も一杯いたんだけど、それこそ、2頭を追う者1頭を得ずってやつで、片手に一杯荷物を持ったまま、写しているしね、これが精一杯。

Photo_6
枠に収まりきれなかったねえ。

9月13日10時過ぎ

カメラはSony NEX-3 標準マクロレンズ装着 

※6の付く日はむし倶楽部の活動日

むし倶楽部の詳しくは 部長NOZOさんのブログ ★進め‼野外探検隊★ をご覧ください。

2014年9月25日 (木)

五百羅漢 その背に

清見寺の五百羅漢。

何度も何度も見ているのに、今回初めて気がついたのは、その背中です。

Photo
五百羅漢の中でも上の方に鎮座している羅漢さん。階段を下りて来た時に、背中の文字に気が付きました。

比較的新しいもので、寄贈されたもの?なのかしら、とも思いましたが、他の羅漢さんも

Photo_3

Photo_4

そして、天を仰ぐ羅漢さんは、ずっと天を仰いだまま何を考えていらっ者うのか

Photo_5

そのお背中は

Photo_6

ちょっとわかりにくいですが、首ガックリの羅漢さんの背中です。

2014年9月23日 (火)

五百羅漢 新たにその①

ここの五百羅漢が好きで、何度も訪れている清見寺。

今回は友達と訪れました。

久しぶりだし、気のあった友達との散策で、今まで気がつかなかったりあるいは、見たことのないものもいくつか見つけました。

Photo

この羅漢さんのお顔が好きでお顔は何度も写真に撮っています。そして通路に近く目につきやすいところにいらっしゃるのですが、今まで気が付きませんでした。

お腹にもう一人のお顔が。仏侘にみえますが、違いますか?

そして、草かげにいる羅漢さんも何度も写していますが、今回は草刈り直後だったらしく、今まで姿が見えなかった羅漢さんも

Photo_2

よく五百羅漢の中には必ず知った人の顔や自分の顔があるといいますが、こんなにたくさんある中から、未だに、そういう顔は見つけられません。

と、前から後ろから眺めていて、新たな発見がありました。

次回に続く~~。いつもいつもすみません。なかなか写真の整理が追い付かず。完全に過去録になっておりますがm(__)m

2014年9月22日 (月)

天井

先日久しぶりに、興津に行ってきました。

そこで、いくつかの建物の天井がなかなかおもしろかったので、今回は天井をテーマに。

静岡市清水区にある、清見寺は歴史もあり五百羅漢や、家康が今川家の人質のなっていた時に勉強していたという書室があったり、庭園が綺麗だったりで、有名なところですが、その隣に、瑞雲寺と言うお寺(駿河一国観音霊場 第23番札所)があります。

そこのお堂の天井。

Photo_5

Photo_4
薄暗いので、気がつかない人が多いのではないかと思いますが、書かれた現存のものがそのまま残っているのは、とても珍しいそうです。

清見寺の中の一番いいお部屋と言われている部屋(もしも、天皇が清見寺にお泊りになることがあれば、お泊めする、一番格式の高いお部屋)の天井。

Photo_6

天井と壁との境の天井板の曲げ具合は大変難しく、井川地区に伝わる曲げわっぱを作る技術が使われているそうです。

次は、「血天井」と言われるもの。

およそ400年前(丁度西暦1600年)、徳川公姫寄進の大玄関を作る時に、その更に400年前(鎌倉時代=こちらも丁度西暦1200年)梶原景時一族が清見関(清見時すぐ近く)で襲われその時に流した血がそのまま板の間に残されたものが、残存しており、その床板を「天井板」として利用してくれるように姫が言ったそうです。

その為、再利用した床には血が浸みこんでいることから、血天井と呼ばれていますが、雨の沁み込んでできだ痕もその上に重なった痕となり、全体に沁みが出来ています。

けれども、実際の血そのものの跡は、天井真ん中あたりの「丸いシミ」だそうです。この写真だと、右寄り手前から二つ目四つ目あたりの丸いしみです。全体に広がっているものは雨の浸みこんだ痕だそうです。

血の浸みこんだ床板が四〇〇年も保存されていたのも不思議ですが、四〇〇年も経ってから、その床板を天井板に使ったっていうのも、なんだかすごい話です。

現在はこの大玄関は実際には使われていないそうです。いわゆる開かずの間ではなく、開かずの玄関ですねえ。

Photo_7

2014年9月21日 (日)

羅漢さんと彼岸花

先週、久しぶりに友達と散策に出ました。

どこへ行ったか、写真でわかっちゃうかなあ?

丁度咲き始めの彼岸花と五百羅漢さん

Photo

Photo_3

この時は、もうヒガンバナ?と思ったけれど、あっという間にお彼岸に入り、合わせたように、ヒガンバ

ナはあちこちで満開。 他の写真もあるけれど、とりあえず、早くこれをアップしないとねえ。いつもの事ながら間が抜けちゃうからさ~~。

相変わらず、いろいろあって、つうか、昨日今日は完全に仏滅でごぜえやすだ。

ま、ヒガンバナでも眺めて、悟りの境地にでも…。

南無南無   ぽくぽく  

ごお~~ん❣

2014年9月20日 (土)

夕暮れのアゲハ蝶

9月5日仕事先に行く途中見かけたアゲハ蝶。

近くに寄って撮る暇はなく、とりあえず、遠くから写した。

Photo_4
それまで降っていた雨がやみ、急に晴れてきたのを逃さずやってきた。

そして…

先日まで暑かったのがうそのように、涼しくなり、そして、夕暮れがすっかり寂しくなりました。

今までは暑さを避け、夕方の買い物でしたが、そろそろ、早目に出ないとなあ。

と、思いつつ、今までと同じ時間に出てしまって、少し夕暮れてきた景色が寂しい感じ。

と、目の前に

Photo

9月12日の事です。

丁度目の高さの杉の生け垣に休むナミアゲハさん。

Photo_2

かなり羽が傷んでいるのも、物悲しい…。

047

2014年9月18日 (木)

露草 by 8na8na-club

  tulip 露草 8の付く日は8na8na-clubの日 tulip

ぎりぎりセーフの8の付く日です。今日は久しぶりに野の花を。

と言っても、近くの側溝の縁の土だまりに咲いた花。

露草は、夏の花ですが、私には、秋口に咲く花という、イメージがあります。

たぶん、夏の間は暑くて花の咲いている時間には外に出ないので、花を見ることが少なく、秋口の涼しくなってくると、日中でも花が見られると言う事があるのではないかと思います。

露草の咲いているところに虫の音が聞こえるって事も、秋を感じるゆえんかもしれません。

Photo

Photo_3

花弁の形や色。そして、蕊も、受粉の仕方も凝っている露草の花。

つゆくさか露草って書かないと、この花らしくないなって思う。

ツユクサってなると、ちょっとなって思ってしまうのねえ。

どこにでも咲いていそうなものだけれど、昔から詩にも詠まれるなじみの花なんだけれど、なかなか写真に写すのは難しいお花。

Photo_4

上から覗くと、雄蕊が蝶々の様。雄蕊も3種類あるそうで、蝶々のように見えるのはY字型雄蕊というそうです。

そして、その後ろに見えるのは閉鎖花でしょうか?それとも蕾?

※ 8の付く日は webにお花をの、8na8na-clubの日です。

詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。→ こちら

2014年9月17日 (水)

朝顔に  by 続むし倶楽部

我が家の朝顔。

今年初めて育てましたが、なかなか、毎日観察のし甲斐がある花ですなあ。

花があると、自然にむしもやってきて、鳥も寄ってきて、花咲か爺さん、ならぬ、花咲かぎりぎりおばさんの気分です。

最近はセセリ蝶がよくやってきます。

Photo
羽は使い古しですけど、

Photo_2

つぶらな瞳は健在よ。頭のぽやぽやは、なにせ寝ぐせが…。

と、ところで、

君だったのかい!

Photo_3
現場は押さえたぜ!

※6の付く日はむし倶楽部の日です。

今日は、続むし倶楽部として、アップしました。

だって、急にむしが増えてきて、追いつかない。

が、そのうちすぐネタ切れになると思うが。

むし倶楽部の詳しくは、部長NOZOさんまで(*^^)v

2014年9月16日 (火)

夏の終わりの… by むし倶楽部

  snailheart01 6の付く日は むし倶楽部の日です。heart01snail

 ここのところ、いろんな蝶に出会っていますが、先に、8月の終わりに出会ったむしたちを先にご紹介。

 

830

8月30日夕方 しがみついて蜜を吸う蜜蜂さん。

830_2

同じく8月30日 セセリ蝶

Photo

8月31日夕方、近くの公園の木に、アブラゼミ(・・?

Photo_2
さすがに、朝早くからにぎやかく鳴く蝉はいなくなりましたなあ。

夕方になると綺麗な虫の音が。

秋ですなあ。

※6の付く日は むし倶楽部の日です。

むし倶楽部の詳しくは、部長NOZOさんのブログ ★進め‼野外探検隊★ をご覧くださいね。

2014年9月15日 (月)

万両の花 遅れて開花

いつも、7月の下旬ごろに花をつける万両ですが、昨年急死した、オット父の遺品(?)の万両の花は、今年はずっと花が無いままでした。というのも、義父のなくなる何年か前に義父が買ってきて、買ってきた年には沢山の実が付いていたんですが、その後はあまり実が付かなかったんです。ところが、亡くなったその冬には沢山の実をつけて、その実がそのままずっと付いたままでしたので、そのままにしておいたせいか、花が咲かないままでした。

ところが、8月末になって花が咲いているのに気が付きました。

あきらめていたので、花に気付いた時には思わす、「咲いた~❣」と声をあげてしまいました。

いやね、花自身はちっぽけな花なんですよ。たぶん咲いているのに気が付く人はあまりいないと思うんですよね。

昨年の裏庭にある、こぼれ種が育った万両の花→こちら

そして、

Photo

近くに寄って

Photo_2

けっして綺麗な花ではないですが、赤い実がなるものって、こんな感じの白い花が多いですね。ピラカンサスなんかは、バラ科なので、小さくてもなかなか綺麗ですけどね。

後ろに、まだ、昨年から咲いている実が残っています。少し前まで、ほどんとの実が付いていたんですが、急に実が落ちました。

そして、花が咲いたって事は、やっぱり、実をいつまでも付けていたらいけないんでしょうね。でも、なかなかこういうものの実は落とせないですよね。

Photo_3
咲いている花の左上端の方の花は子房が膨らんできて、実が出来つつあります。

<(_ _)>気がつくのが遅かったね。

じいは、買ってきたままほったらかしだったから、ちょっとというか大分鉢が窮屈そう。

大きな鉢に移してやろうかな?

2014年9月13日 (土)

9月に入っても、更に朝顔 水色斑入りその⑥

いやああ、まさかここまで続くとは、咲き続けるとは思いませんでしたよ。

ただでさえ、ちょっと目先の変わった花。

それが、毎日、違う模様を披露してくれるんですもの。

まるで、和柄のような、渋い模様。

Photo_5
9月5日の花ですが、筋のところに赤みが見えますよね。蕾の時もピンクの花が咲くのかなと思ったら、違いました。

Photo_6

次の日9月6日にはこんなほとんど白って花も咲きました。

Photo_7
朝顔の折り紙の開ききれてないような咲き方のものも。

さて、朝顔シリーズどこまで続くのでしょうか?

私にもわかりません。朝顔が咲く限り、たぶん。

ペンタス  夏の終わりに

ペンタスの、花、ピンクも赤も次々咲いています。

だいぶ前の写真になりますが、8月下旬のペンタスの様子。

826

826_2

826_3
相変わらず、赤はちょっとゆるい感じ、ピンクはとんがった感じ。

そして、ピンクには花弁の数がちょっと多めのものも、よく見られます。

 

Photo_3

Photo_4

ほんと、蝋細工のような、花弁です。8月26日撮影

2014年9月12日 (金)

朝顔の実と、夕顔の実 おまけは、山法師の実

さすがに8月も終わりに近づくと、花もですが、実の方もだいぶ大きくなってきました。

8月27日の夕顔の実

827_5

9月2日 絞りの朝顔の実(たぶん赤)

92

絞りの方は実がまだ大きくなってなくても赤いんですね。

Photo_2

さらに、こちらは、山法師の実

Photo_3

近くに山法師の木があり、花は咲くのですが、毎年、刈り込みがされて、実がなるのを見ることが出来なかったのですが、初めてその木に実がなっているのを見ました。というか、山法師の実自身、噂には聞きながら、目の当たりにした事はなかったので、こんなに色ずくところが見られたのが、軽く感動でございますよ。

 

朝顔 水色斑入りその⑤

季節外れの様な、まだまだ咲くぞって言う花なのか、朝顔

ココのところ、また、花をたくさんつけています。

水色のちょっと変わった模様の入る朝顔。

8月27日蕾の様子です。 

827_3

8月30日その①

830

   その②

827_4

    夏の終わりの証拠 実が出来てきました。実その①

830_2

       実その②

830_3
やっと、これで、朝顔の8月は終わりました。

次回は九月。

と言っても、変わり映えしませんが(*^^)v

2014年9月11日 (木)

朝顔 水色斑入り その④

一旦、秋の記事もアップしながらも、まだまだ、しつこく朝顔の画像が続きます。

もちろん、撮りだめたのもあるのですが(過去のものが)現在も毎日咲いているので、どこまで続くか?なんですが。

8月26日の日の朝顔その①

826
   その②

826_2

   その③

826_3
  

8月27日のその①(26日のその①と②が合体したような花)

827
    その②

827_2

ほんとに、毎日飽きない模様が現れます。

と言う事で、このシリーズまだまだ続きます。

いつの間にか秋

常時カメラは持ち歩くんですが、今日はあわてて飛びだしたので、カメラはなし。

携帯電話で撮った写真ですが。

朝、大慌てで出かけた先で、

もう、すっかり秋ですなあ。

P1000085
アゲハ蝶も雨の合間に同じところにとどまって蜜を吸っていたんだけど、やはり、携帯では撮れなかった!

教訓

カメラは常に持ち歩く!

ところで、しばらくログインしていなかったので(と言っても3日)、ログインに手間取り(パスワードがどれだったかわすれてしまった!)焦りましたあ。

どうも、記事の更新がないと、ロックされちゃうんですなあ。あやうく、記事の更新永遠になりってなるところでしたあ。

そういうのが面倒だなあ…。

2014年9月 8日 (月)

タカサゴユリの仲間 その② by 8na8na-club

タカサゴユリ 昨年も花が筋がなくなって白い花が増えたと、記事にしています

→ こちら

今年の白い花(筋のないもの)、我が家の庭にも花を咲かせました。

花が開いたら、すぐに切って、花瓶に生けてました。(種をつけさせないため)

Photo_32

Photo_33

近くの公園にもやはり白い花が多く見られます。と言っても、かつてのように花自身が沢山は咲いていませんが。

Photo_34

白い花はこのように2つずつ花をつけるものが多いように思います。

Photo_35

この、公園では咲く場所を少し変えて、筋の入ったものも咲いています。

はっきりとタカサゴユリの特徴の筋が入っているもの。

Photo_38
その蕊

Photo_39

さてさて、これらはすべてタカサゴユリかはたまた、別種か?それとも変異あるいは個体差?蕊を比べても、こうだからこうとは、はっきりわかりません。

毎年変異して行く、タカサゴユリの様子、

8na8na-club 本日2つ目でお送りしました。

花が咲いていたのは8月始めから中旬まで。同じ場所では1週間ほどの間でしょうか。咲いたと思ったら、あっという間に姿を消してしまうのも、タカサゴユリの不思議です。

※ webにお花をの 8na8na-club の詳しくは awaさんのブログにどうぞ❣

タカサゴユリの仲間 by 8na8na-club

tulip8の付く日はwebにお花をの 8na8na-club の日ですtulip

もう、花はとっくに終わってしまったけれど、タカサゴユリを取り上げたいと思います。

夏の盛りにあちこちに花を咲かせるタカサゴユリ。いつの間にか勢力を伸ばして、数年同じ場所で咲いて、突然姿を消すそうです。となると、もしかして、そろそろ、このタカサゴユリは来年は咲かないかもしれないですね。

タカサゴユリは花を裏側に筋が入るのが特徴で、主に種で増えるようです。

近くの公園にやって来た時には、その筋がかなりはっきりついていたのですが、最近はほとんど筋の見れないものも多くなってきました。

筋がまっすぐ入っているものと、その蕊の様子

Photo_16

Photo_17

まっすぐの筋の入っているものは沢山咲いていました。

Photo_18

Photo_19

そして、筋がらせんと言うか斜めに入っているもの。

Photo_20

その蕊

Photo_21

同じく斜めというか、らせんの筋の花その②

Photo_22

らせんの筋の花その②の蕊

Photo_23

本来は筋の入っているのがタカサゴユリの特徴です。 ところが、筋のないものがありました。→その②に続く~~ l※8の付く日はwebにお花をの 8na8na-clubの日です。 詳しくは awa山のブログ Dear to you を ご覧くださいね。

2014年9月 6日 (土)

カマキリどん、その② by むし倶楽部

snail 6の付く日はむし倶楽部の日 本日その② chick

我が家に出没中のカマキリどん。

なぜか突然、玄関わきから、ぐるっと家の周りをまわって庭の方に移動したもよう。

もしかして、水をまく時に、一緒に移動したか?

Photo_13

触角のお手入れ中

831

やっと、顔のアップが。

しかし、しつこく追いかけると、

Photo_14

あ~~ん?何見てんの?

8月31日の様子でした。

そして、

9月2日

同じ椿の木の下に。

Photo_15

カマキリの名前の由来、鎌だってこの通り。写真はクリックで大きくなります。是非この精巧に出来たカマキリ自慢の武器をご覧ください。

※6の付く日はむし倶楽部の日です。

むし倶楽部の詳しくは、部長NOZOさんのブログ ★進め‼野外探検隊★ をご覧くださいね

カマキリどん  by むし倶楽部

  snail 6の付く日は むし倶楽部の活動日です snail

玄関の小さな庭、そして日のほとんどあたらない庭に少しずつ、花を育てて行き、すると、そこに虫たちもやってきます。

玄関の方の小さな植え込みに現れた小さなカマキリどん。

スケルトンで、なかなか写真に写ってくれませんが、大分大きくなりました。

8月1日やっと、写真に写ってくれました。なかなかピントが合ってくれないんですよね。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

花壇の横のブロック塀にいるところを、しつこくカメラを向けたら、こやつ!と威嚇されちゃいました。(8月13日)

Photo_10

いったい、このしつこいやつはいったいと、お怒りのご様子。まるで宇宙人の様なお顔になっとります。

8月18日夕暮れ時、何を考えてこの姿勢か…。

019_3

Photo_12
8月22日なあんとなく、写っております。どおして、顔にピントが合わせられないのか?にゃあ。細い足にはピントがあって、不思議でごぜえますだ…。

カマキリどん、まだまだ続きます~~

825_3
8月25日 夕暮れ時。この子は、こうやって休むのかなあ?



※6の付く日はむし倶楽部の活動日です。

むし倶楽部の詳しくは部長NOZOさんのブログ、★進め‼野外探検隊★ をご覧くださいね、

 

825_2

2014年9月 5日 (金)

マツバボタン その②

Photo
マツバボタンも今は盛り、といっても、分けていただいたお宅の株とかなり育ちが違いますが(こっちの方がかなり小さい)

初めてのピンクが咲いて、あら~かわいいと思って写した一枚です。

822
クリーム色

そして、オレンジ

Photo_2

大松葉ボタンの挿し芽の方も、咲いています。

Photo_3

他の植えてあるものも、花壇に植わっているものより、かなり小さいんですが、土が悪いのと、下がコンクリートがはってある浅い植え込みなので、これが精一杯の咲き方なのかな。

それでも、今まではゼニゴケが生えていたところなので、それと比べれば、華やかになったかな~~。

もう終わりかと思ったグラジオラスも裏の小さな花壇で咲いてくれました。

今までになくまっすぐのびた

と、思ったらこの後結局曲がってしまいましたが。

822_4

Photo_5

いずれも、8月22日の様子です。

2014年9月 2日 (火)

朝顔 絞りも咲いています。赤絞り特集

もちろん、朝顔は水色斑入りだけじゃあありませんよ。

ちゃんと、今年苗で植えたのは、赤と青の大輪の絞り。

まずは青から咲き始め、少し遅れて、赤花も開花し始めました。

その後青は少なくなり、赤が多くなってきました。

8月21日の様子

821

縁が白で、中が赤。ちょっとフリルのような花で、まるで、4つ折りにした折り紙が広がるように花が開きはじめました。

822_3
少し小さめの花が下の方に。絞りというよりも、縁取りと言った方がいいのでしょうか。

822_4
次の日 8月23日

823

一斉に開花しました。

中の赤の部分は6なんですけど、こちらは、派手に8枚というか、⑧模様と言うか。

823_3
周りのフリルもなかなか魅力的でしょ?

青もいいけど、赤もいいね。

朝顔 水色斑入りその③

3年前にもらった朝顔の種。

順調に次々、花を咲かせています。

特にこの、水色の斑入り。

いろんな模様の花が咲いて、なかなか楽しいです。

822
8月22日の様子

822_2

そして、次の日8月23日は

Photo

染色と同じように、2つと同じ花は咲かないんですね。

え?なんも変わって見えない?ってかたは写真をクリックして拡大してご覧くださいね。

もちろん、他の株もしっかり花を咲かせていますよ(*^^)v

2014年9月 1日 (月)

朝顔 水色斑入りその②

我が家で初めて咲かせる朝顔の花。

どうも、水色の斑入りが、我が家のやはりのようです。

毎日違う絞りが次々と咲いています。他の花はぽちぽちと。しかも小さく咲いています。

819
8月19日の絞り。なかなか渋いでしょ?

819_2
同じく8月19日

同じ株からの花です。

不思議ですよね。ホントにバライティー豊かです。

820

次の日の8月20日の斑入り

まだまだありますが、どうも、うまく写真が入ってくれないんので、とりあえずココまで。

ちなみに、朝顔の種の袋の写真は上から2つ目の花の様な写真です。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブックマーク