« 9月に入っても、更に朝顔 水色斑入りその⑥ | トップページ | 夏の終わりの… by むし倶楽部 »

2014年9月15日 (月)

万両の花 遅れて開花

いつも、7月の下旬ごろに花をつける万両ですが、昨年急死した、オット父の遺品(?)の万両の花は、今年はずっと花が無いままでした。というのも、義父のなくなる何年か前に義父が買ってきて、買ってきた年には沢山の実が付いていたんですが、その後はあまり実が付かなかったんです。ところが、亡くなったその冬には沢山の実をつけて、その実がそのままずっと付いたままでしたので、そのままにしておいたせいか、花が咲かないままでした。

ところが、8月末になって花が咲いているのに気が付きました。

あきらめていたので、花に気付いた時には思わす、「咲いた~❣」と声をあげてしまいました。

いやね、花自身はちっぽけな花なんですよ。たぶん咲いているのに気が付く人はあまりいないと思うんですよね。

昨年の裏庭にある、こぼれ種が育った万両の花→こちら

そして、

Photo

近くに寄って

Photo_2

けっして綺麗な花ではないですが、赤い実がなるものって、こんな感じの白い花が多いですね。ピラカンサスなんかは、バラ科なので、小さくてもなかなか綺麗ですけどね。

後ろに、まだ、昨年から咲いている実が残っています。少し前まで、ほどんとの実が付いていたんですが、急に実が落ちました。

そして、花が咲いたって事は、やっぱり、実をいつまでも付けていたらいけないんでしょうね。でも、なかなかこういうものの実は落とせないですよね。

Photo_3
咲いている花の左上端の方の花は子房が膨らんできて、実が出来つつあります。

<(_ _)>気がつくのが遅かったね。

じいは、買ってきたままほったらかしだったから、ちょっとというか大分鉢が窮屈そう。

大きな鉢に移してやろうかな?

« 9月に入っても、更に朝顔 水色斑入りその⑥ | トップページ | 夏の終わりの… by むし倶楽部 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946894/57375014

この記事へのトラックバック一覧です: 万両の花 遅れて開花:

« 9月に入っても、更に朝顔 水色斑入りその⑥ | トップページ | 夏の終わりの… by むし倶楽部 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブックマーク