« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

金木犀  我が家編

だいぶ大きくなって、隣のうちの庭やら、ウチのカーポートを被うようになってしまって、かなり枝を落とした、金木犀の木。

花が咲くかなと心配したが、やはり、いつものように一面に花とはならなかった。

内側に少しだけの花だったけれど、香りは、それなりに。

今年は雨にたたられたのもあったかな。

Photo

Photo_2
10月16日の撮影です。

Photo_3

来年はもっと花が付いてくれるかな。

2014年10月28日 (火)

白の芙蓉の花 by 8na8na-club

8の付く日は8na8na-clubの日

よく覗く、高校裏のフェンスのところ。

白の芙蓉が綺麗に咲いた。

Photo

Photo_2

Photo_3

フウセンカヅラとのコラボ

Photo_4

花の撮影は9月30日 今は花は終わり、実がなっていますよ。

※8の付く日は 8na8na-clubの日です。

8na8na-clubの詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

2014年10月26日 (日)

再会 かまきりどん by むし倶楽部

すっかりご無沙汰してしまいましたm(__)m

生きてます~~。

さて、6の付く日はむし倶楽部の日です。

今日は、久しぶりに再会した我が家に住みついたかまきりどんをご紹介します。

これまでのかまきりどん→ こちら (8月1日)と こちら (8月31日~9月始め)

このあと、しばらく姿を見なかったんですが、

久しぶりに再会いたしましたよ。

かなり大きくなってますから、

あまりカマキリのアップはって方は、続きはご覧にならない方が。

むし倶楽部他、全然OKよの方のみご覧くださいね。

では~~

※6の付く日はむし倶楽部の日です。むし倶楽部の詳しくは部長NOZOさんのブログをご覧くださいね。

続きを読む "再会 かまきりどん by むし倶楽部" »

2014年10月21日 (火)

富士山を見に

初冠雪のあった次の日、あまりに天気がいいので、富士山を見に行ってきました。

ちょっと手の掛かる連れもいたし、景色のいいところは自分は運転中だったので、綺麗にすそ野まで見えた富士の写真はありませんが、立ち寄った浅間神社の写真を。

Photo_2

Photo_3

平日なので空いていましたが、七五三の参拝の親子もいました。

そして、風もなく静かな境内は、久しぶりに心洗われるようでした。

圧倒される、大木も

Photo_4

Photo_5

Photo_6
新東名のお陰で、静岡市内からとても富士宮が近くなりました。

帰りは3時20分に出て、4時ジャストに自宅に着きましたもの。

新東名からは富士山がとても綺麗に見えます。

帰りには、少し雪が溶けているのがわかりました。

今日はもう、雪はないかもしれないですね。

でも、これからは富士山が綺麗に見えるので、また、富士山を見に行って来ようと思います。楽しみだ!

コスモス 我が家第1号

9月28日

我が家の2代目のコスモス、第1号が花が咲きました。

何の変哲もない、コスモスなんですが、私にとってはちょっと思い入れのある花でして。

その、今年初の花がこちら。

Photo

9281

春先にこぼれ種から出た芽が沢山生えてきて、玄関の花壇ではおさまらなくなったので、裏の方に移した方のコスモスが咲きました。もともとの玄関の方の花壇の方はどんどん背が高くなるものの、10月も20日を過ぎたのに、蕾もついてません。

こっちに移植しておいてよかったなあ。

9281_2

928

2014年10月20日 (月)

アシタバに 新幹線?

アシタバに…の続きです。

やはり、どうも、接続に問題ありです。

せっかく写真を入れても、「このサイトに問題があるので…」となって、まっさらの記事になってしまって、ストレスです。なんででしょうね。

goの方は全然問題ないんですけどね。

気を取りなおして、

いも虫さんのアップなので、いも虫系OKの方のみ、続きをご覧くださいね。

続きを読む "アシタバに 新幹線?" »

2014年10月18日 (土)

お彼岸からそろそろ一カ月ですが…ヒガンバナ by 8na8na-club

8の付く日は webにお花を の 8na8na-ckub の日です。

インターネットエキスプローラーから接続できません。

って言われてもねえ。(;一_一)  どげしたもんやら、ち~~ともわからず…。

ちと、横から入ったらなんとか、ログイン出来た(@_@。でも、この後どげしたらいいやら。

意味わからないし…

ま、気を取り直して、つうても、かなり時期外れになってしまいましたが、赤いヒガンバナが今年はまだ、アップし損ねておりまして。

ヒガンバナは球根でしか増えないと言いますが、こういうところから突然花が咲くのはなぜなんでしょうねえ~~。

Photo

Photo_2

Photo_3

どう考えても球根を植えたとは思えず。

土の中に球根があったとしても、(片鱗でも芽は出るそうな)植え込みの奥の奥から、顔を出している。植え込みはすっと前からあったと思う。すくなくとも、私が知っている限り40年は経っている。咲き始めたのは、5年ぐらい前から。

不思議だ。

※8na8na-clubの詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

接続が出来ない

わたしのPCの問題なのかココログの問題なのかよくわかりませんが、接続ができません。

記事をかきかけても変換ができなかったり、なんだか、ちっとも作業ができません。

と言う訳で、解決するまでお休みします。

う~~、ストレスじゃ!

2014年10月16日 (木)

アシタバに…その1 byむし倶楽部

近くにはアシタバが生えているところがあります。

なかなか花が面白いので、蕾のころから、写真を撮って観察してます(*^^)v

今年もアシタバ、順調に葉が出て蕾がついて、いつものように写真を撮っていました。

Photo

Photo_2

花が少し咲き始めた~~と喜んだんですが…、

写真をクリックして大きくしてみた方は気が付いたかも。

続きは むし、いも虫系が大丈夫な方だけご覧ください。

なにせ、むし倶楽部ですから。

6の付く日は むし倶楽部の日ですよお~~。

むし倶楽部の詳しくはNOZOさんのブログをご覧くださいね。

(では、覚悟の出来た方のみ、どお~~ぞ)

続きを読む "アシタバに…その1 byむし倶楽部" »

2014年10月15日 (水)

ヨウシュヤマブドウ

しっかり根を張って、切っても切っても復活する、たくましいヨウシュヤマブドウ。

漢字で書くと、「洋種山葡萄」やまぶどうってあるからって、食べちゃダメですよ。

毒があるからね

でも、花はちょっと面白い花です。

Photo

真ん中の子房が見事な濃い山葡萄のような実になるのです。

Photo_3

Photo_2

2014年10月14日 (火)

朝顔 その後

少し色合いの変わった花の咲いた、我が家の朝顔。

だぶん、おそらく、今回で最終回になるかと。

さすがに花は傷んだ感じになってきましたが、まだまだ、花が付いていた九月の写真です。

水色編から

Photo

Photo_2
上2輪は9月17日の様子。

Photo_4
9月19日の水色。

藍色絞り

Photo_5
9月17日

Photo_6
9月20日

赤の絞り

Photo_10

9月20日の様子。同じ花を角度を替えて

Photo_11

右下にハートの模様の様な絞りがかわいいでしょ(*^^)v。

もちろん、この花達だけではなく、もっと沢山咲いていました。先に水色が花が終わり、絞りの方はまだ花がぽちぽちと。

実もたくさん取れました。そろそろ、次の花を植えたいけれど、なかなか抜く気にはなれなくて、そのままにしています。

2014年10月13日 (月)

タカサゴユリの仲間 その後

一度一斉に花が咲き、一斉に花が終わったタカサゴユリの仲間。

9月末にまた、ぽつぽつと花をつけました。

一つはタカサゴユリの特徴である花弁に筋が入っています。

Photo

Photo_2

9月25日のことです。

と、同日、この花と近い場所にもう1株。今度は筋はなく、花が2つ付いているものが、咲いていました。どちらも盛りの時よりも背の丈は低いですが、花の大きさは変わらない花でした。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

以前のタカサゴユリの仲間の記事も見ていただくと、この、筋が、色々で、また花の付き方も1輪、2輪、のがあるかと思えば、沢山の花を咲かせる株もあって、どこまでをタカサゴユリというのか、よくわかりません。筋のありなしだけで、花の形は同じなんですけどね。

2014年10月12日 (日)

イヌマキ(マキ)の実

生け垣にも使われる、イヌマキの木。

花もちょっと面白いですが、実がまた、面白いんですよね。

以前は綺麗な2串団子のような実がなっているものよく見たんですけど、刈り込みされると、なかなか実がなるまで行かないって事もあり、しばらく見かけなかったのですが、先日見つけましたあ。

綺麗な2つの実とは、いきませんが、2色の実。ご覧くださいね。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

綺麗なそろった玉ではないですが、本当は上の玉と下の玉が綺麗に並ぶんですよ。

Photo_6

Photo_7

下の赤い果肉の部分は食べられるそうです。ただし、実は毒があるので、食べてはいけないのだそうで、冒険をされる方は覚悟してどうぞ。ま、あえて食べる必要もなかろうと思いますがね。

2014年10月11日 (土)

姫松葉牡丹

小さな可愛らしい、その名もヒメマツバボタン。

陽だまりにまだ、咲いていました。

日中の日の高い、天気のいい日でないと咲かないので、花を見るのはなかなかある意味至難の業。だから、もう10月に入ってから見れると、ちょっとテンションが上がります。

Photo

Photo_2

ひゃああ~~、蕊が色っぽいわあ。

Photo_3

8月に写した別の場所のヒメマツバボタンは→こちら

2014年10月 8日 (水)

ランタナの花 8na8na-club

tulipshine8の付く日はwebにお花をの 8na8na-clubの日です。shinemaple

ランタナノ花

蕾はリボンか蝶々

花が開くと、色が変わって行くのが面白い花です。

921

921_2

Photo_2

921_6

我が家のミニランタナも次々開花しています。

Photo_5

蕾は頼りない小さな赤の点。開き始めはオレンジ色。それが一日で真っ赤になります。

Photo_3

Photo_6

すべて真っ赤になると、カメラでうまく色が出ず、

Photo_7

少し暗くなってきた夕方なんとか赤い色が出ますが、日のあたっている時は本当に輝いていて綺麗です。

※8の付く日は8na8na-clubの日。

今回は特別編ですが、すみません。忙しいのと、写真がうまくはいらず(;一_一)

本当は落ち着いて、バッチリをアップしたかったのですが、力不足です。

8na8na-clubの詳しくは awaさんのブログをご覧くださいね。

※むし倶楽部、コメントありがとうございます。

明日も忙しく、コメントのお返事が遅くなりますが、しばし、お待ちをm(__)m

 

2014年10月 6日 (月)

登呂遺跡のむし達 by むし倶楽部

    snail6の付く日は むし倶楽部の日chickです。

大荒れの天気で、虫たちもどうしていることでしょう。

9月23日の登呂遺跡にいた、むし達です。

Photo

弥生時代にもいましたかねえ。

Photo_3

水路にはトンボが一杯いたんですけど、なかなか姿は写せず。

つながって、水の中にダイブ!の跡です。

Photo_4

そして、地元の方は「赤エビ」と呼んでいましたけれども、ザリガニの仲間?エビの仲間?アシの足元に沢山いました。

Photo_5

※6の付く日はむし倶楽部の日です。むし倶楽部の詳しくは部長NOZOさんのブログをご覧くださいね。

2014年10月 5日 (日)

登呂遺跡の植物

登呂遺跡は今は登呂公園となり、登呂村から田んぼの水路沿いに散策路が作られています、水路の両側が登呂村の当時の植物を再現しています。

まだ、青いどんぐり。

Photo

マメ科の植物

Photo_2

Photo_4

数珠玉

Photo_5
そして、こちらが、もしかしてハト麦ではないでしょうか?

数珠玉に似ていて、数珠玉は実がなると穂が垂れ、ハト麦は垂れないそうなんですが。

Photo_6

そして、ガマ穂

Photo_7
そして、もしかしたら、古代からこちらにいたかもって、虫たちも沢山見かけましたよ。

つうても、画面には納まりきらなかったけど(^_-)-☆

まあね、水路に落ちる訳にはいかないので。

明日のむし倶楽部で、ご紹介したいと思います。(あ、あまり期待はしないように。かすっただけの写真ばかりですから(*^。^*))

2014年10月 3日 (金)

弥生時代の稲作を再現

弥生縄文時代へ

弥生縄文時代にタイムスリップ の続編です。

※登呂遺跡は縄文時代の遺跡とずっと思いこんでしましたが、弥生時代の遺跡でした。お詫びして訂正いたしますm(__)m

登呂遺跡を久しぶりに訪れて、公園となっている遺跡を散策しました。

登呂村が再現され、家屋だけでなく、田や水路などが、公園や散策路として、うまく融合しています。

丁度9月下旬で実りの秋を迎えようとしている時でした。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

写真はすべてクリックで大きくなります。

丁度お米の花も咲いていました。

Photo_7
日本緑モチ

Photo_8

朝紫

Photo_9
黒米

村全体を再現して、当時の水路や、自然を再現しています。

まだまだ、続きます(*^^)v

 

弥生時代にタイムスリップ

9月中旬の登呂遺跡公園。

公園中を歩くと弥生時代にタイムスリップしたような。

始めは何もないように見えた公園。

Photo
ガマ穂の向こうに 登呂村が現れました。

Photo_2

高床式倉庫の下で、火起こしをしています。

※写真はすべてクリックで大きくなります。是非拡大してご覧くださいね。

Photo_3

建物だけでなく、村として全体が再現されています。

現代の実際の近隣の家々と、何の違和感なく。

→次は田んぼの様子です。更に続く~~(*^^)v

2014年10月 1日 (水)

弥生時代へ

久しぶりに、本当に久しぶりに登呂遺跡に立ち寄ってみました。

20年以上もしかして、もっとかしら。

子供が小さかった頃来たきり。

回りは随分変わっていました。

中もいろんな意味で変わっていました。

入り口がよくわからず、うろうろしていると、登呂遺跡の資料館がありました。

まず、そこから探険(?)です。

Photo

Photo_2

Photo_3

さて、どこまでが本物でしょうか?人物も本物(?)とマネキンといます。

弥生式縄文土器

Photo_4
まだ、清見寺の写真もアップしきれてないんですけど、日ばかりどんどん過ぎて行きます。

でも、ここは、弥生縄文時代にタイムスリップして、ゆったり時間が流れて行くようです。

Photo_5
中に入ってみることが出来ます。

Photo_6
屋根を見上げると

Photo_7

資料館では、雨の日も太古の昔にかえることが出来ますね。

次は実際の登呂村の再現を見てみたいですね。ちょうど、稲の花も咲いていて、実りの秋がやってきた感じでしたよ。

→続く~~

綺麗だニャ(=^・^=)

ヒガンバナ お彼岸のころちゃんと咲いて、あっという間に姿を消してしまいましたが、草刈りをした公園の植え込みの裏。

ちゃんとヒガンバナは残されていて、

Photo_10
お彼岸の入りの前日に丁度いい咲き具合です。

と、お隣で

Photo_11
綺麗だニャア(=^・^=)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブックマーク