« 大黄花片喰(オオキバナカタバミ) | トップページ | 眩しいバラ »

2015年1月14日 (水)

スミレ本年第1号

私の住んでいる静岡市街地は、温暖なところなので、雪はもちろん、霜もあまり降りないところ。それでも最低気温はマイナス何度かにはなるんですが、陽だまりには春の花がちょこちょこ咲いています。

今日はやっと、1月分のお花。

1月4日に見つけたスミレ。何もつかないスミレと言う名前のスミレ。

私はいつもこの「スミレ」をすみれ花子さんと呼んでいます。

14

すみれ花子さんに少し近づきたいけれど、なにせ、道路の端っこ。

14_3
これが精一杯。

実のはじけた後があるから、ここはまだまだ逞しく、すみれが花を咲かせてくれますね。

« 大黄花片喰(オオキバナカタバミ) | トップページ | 眩しいバラ »

野の花」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
スミレが咲いていたんですね。
静岡市では、洋ランの仲間でも屋外で育つものがあって驚きました。
こちらでは、フキノトウが姿を現しましたよ。
まだ萼を被ったままですけど・・。

cloverやまぶどうさんへ。
こんにちわ。少し日が柔らかく長くなってきたんでしょうかね。寒いは寒いのですが、いろんな花が陽だまりに現れましたよ。気分がふさいだ時に、そんな花を見つけると、ほっとします。
そうそう、蘭の花は軒下に置くぐらいで、外に出ているお宅も多いですね。なんとなく、それがあたり前のようになってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1946894/58581564

この記事へのトラックバック一覧です: スミレ本年第1号:

« 大黄花片喰(オオキバナカタバミ) | トップページ | 眩しいバラ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブックマーク